忍者ブログ

jkqingfengcactus

一般の静寂

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

一般の静寂

覚えてるあの夏、午後三時頃には雨はおりるのがとても大きくて、本当にそんなに大きいダイズ。あの時の小学生が、夕刻と小川は入浴して鑲牙これも私たちは毎年夏に行く必要な場所。
この日の午後、急に雨が降り出して、空はまだ雷、漕い手段の稲妻。稲妻のような小さな村にもろくて弱い一撃は、まるで割れ。私たちはまだ迷って行く時(から水が導電、弱い電気死。小学校の教科書では、これらの知識がすでに)、しかし私達が電光石火の山々を抱え豪雨流した小さい池から激しいの時、私たちの心をも一緒に荒れた。
私たちはこのへ飛び出したこれはセミの境地に、目の前の全てに感動して、この大自然の偉大さと美しさを忘れさせていた生命の存在の意味。次々と飛び降りたこの涼しい池、稲妻、豪雨、風の洗礼の下で、私達は本当に多くふと感じたInterior decoration。私たちは水の中に身を置く時、実は恐怖のゆっくりとプラスされ、結局稲妻水、もし撃墜、全部遊び終わりました。
お風呂に入ってはこんな天気は本当に口に出せないのはさわやかで、言えない感じでしたね。そんなことと刺激、その喜びと言えない恐れ。人は小さいかもしれない、そんなにたくなかった。一つ一つの水猛子刺さっ水底で、雷鳴を続け、ぼんやりしているのが聞こえて、何かを水底の世界は、世間から一般の静寂。人は水泳の時はすごく楽しくて、すべての悩みを忘れることができるよう。
長い歳月、記憶のタイムマシンで私に古来以前、あの星はまだ子供の心を封じ、風雨の中で揺れる護膚品個人化
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R