忍者ブログ

jkqingfengcactus

一面水色の海

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

一面水色の海

春がまだ明けない、軽い満ちる暖かく、草と花の所、1度の競演は満開、さらには深長で広々とした。私が好きで、1粒の心を置いて曲がったところの水月に落ちぶれて、1部の恒美感知で清涼の静謐。依月、たたずまい、ごしごしとして目に振り払わ目睫のほこり、きらきら光る目、一抹の烟波靑く澄ん。一面水色の海、気持ちに蕩開かず、DR REBORN令魂が憩い、抱き合って雨無しの朗静無風。
低眉、淺い顧、芳華の夢の中で、そこの美しい蝶、悠绵香韻の花が咲き、一抹の記憶の暖かさで、翼を彩る動く春の光の下で。この期に、悠々と春水堤柳が心の清美と地味、策反た陌君緑蕪時間。あの好きが襲った白衣の群れの女の子、漫無邪気で清純な年月、眉間少し軽い雪、ちょっと見回すが淡々と笑いでは、婉曲で無気力に寛容になって四季の薄情な
この時、端正なそうな時、まるで1種の高貴な落ち着いて、誇りと舞い上がるは、依然として腹の中流出の養分。小さな感情を辞して閑地につくに風も、瀋黙、豊饒。当満目にぎやかにも期待がなくて、いくつかの無意味な気持ちで、それが自然に淡远、雲のように、綿。日々、驚かしませ好まない、嫌でなくて憂えず、すでに最高。いくつかのこと、一人のがあまりに長くて、1粒の心、疲れた、疲れた。選択した挥别であり、もう復帰何気ない;しかし、断固としての掻き後は、もう邪魔をして、感謝してやまないDR REBORN
遁が春のひたすらこんもり茂っていなくて、いかなる意外で、しばらく昔を取り戻すに互いに忘れる。覚えていて、分離の時、嘆いてあなたに対して言います:雲水普段、先が長い、長いダスト道、私たちまた会えるかもしれない!しかし、その話の時、心の一団化できない味気ない、静定して。光陰の幽影、ドリフトは定まらないで、世の中の喧嘩、ひっそりと遠出、毎回蒼の逃走を恐れて、結局は自分の願いに。年月のこめかみを一枚、シックな悲しみ、鮮やかな脈絡は、人材の実感に見て、自分は無心に留意。
のことを経て、落ち着く、最悪しかないではなく、わざと姿にかわいがって、無理に言っても捨て難い。苦労と笑い、必然が引き裂いてリッピングの関連のようだが、花の香りと沒落するなら、勢い裂锦、ただ瞬間の時間を、安心、随風は軽く浮き上がっ。昔の記憶が崩れ、流砂一般的に落ち枯れ時の指で、どれだけの努力を、かつての形もない還元。1粒の心を探してさびの源を初め、執着していないと、半数分動揺。DR REBORNやおら受け入れ数奇な運命の惊变に従い、自分の思想を堅持し、自分の信念、放棄しないで、言わないように。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R